- site map -
本・雑誌類 (単行本 | 写真集 | 楽譜類 | 日本の雑誌 ロッキンf | 日本のムック他 ) ||

Rockin' f  ロッキン f

 立東社

1976年 11月号
 
(1) カラー写真 3ページ

(2) 16th READING FESTIVAL 特集
   モノクロ写真数点
   記事中にライブレポ
(1)
(2)


1977年 2月号
 
●表紙
●「ビッグ21ギタリストのサウンドの秘密を解明」
   by 志熊研三
   全9ページ ロリーの部分は1/3ページ
●グヤトーン「マロリー」の記事

1977年8月号
 
● NEWS
ロリー・ギャラガーがアイルランドの野外コンサートに出演
 ギターひと筋のロリー・ギャラガーが、アイルランド西部のマクルーム・キャッスルという所で、6月26日に開かれた野外コンサートにメインで出演した。
 このコンサートには1万人ものファンが、ロリーを見ようと集まった。共演したバンドは、ナッズとジョー・オドネル・バンド。一週間も続いたフェスティバルの、クライマックスにふさわしく、すばらしいステージだったとか。
 このあと、ロリーは夏に向けて、全ヨーロッパ・ツアーに出かける予定。

1977年11月号
 
● 来日特集  写真+短文
はげたストラトを抱えての来日 今月は彼の音にひたりきってしまおう

1978年1月号
(1) LIVE in Japan ' 77
  モノクロ写真と短文 2ページ
(2) インタビュー 3ページ
   by 編集部+前むつみ
(1)
(2)

1978年3月号
 
● 写真 + 短文
グヤトーンがつくり上げた彼のモデル、LG-1000を弾き悦に入るギャラガー。 「こいつはオレにピッタリだ」といったとか・・・・

1978年11月号
 
● レコード評「Photo-Finish」
ロリーのギターが迫って来るゾ!
 ロリー・ギャラガーのメンバー・チェンジ後初のアルバムがこれなんだけど、前作「コーリング・カード」とは、全然音が変ってしまっている。バンドの構成が、4人からキーボード抜きの3人へと変っているので、音の変化は当然予想はしていたけれど、前作のあのきっちりとした音に比べると、ずっとラフだし、雰囲気は昔のテイスト時代のような感じなんだ。
 このLP、ロリーがギターを弾きまくっているって感じで、ギンギンのハード・ロックが聞ける。スタジオで音の構成をしっかりと考えて作ったというよりは、ライヴのような感じで、録音されたものだと思うんだ。メンバー・チェンジりゴタゴタなんかで、こういうものになってしまったのかもしれないけれど、ロリーのギターを好きな人には、かえってここが好まれるかも。何を隠そうこのボクも・・・・・。  <石渡>

1978年12月号
 
● カラー・グラビア 2ページ
   Photo by Toshi Yajima
生真面目派ハード・ギタリスト Rory Gallagher

(ドラマー:ロッド・ディアス期の写真)

1979年1月号
 
● インタビュー (3ページ)
  interview by Colin Irwin
「Melody Maker」誌 1978年11月18日号
掲載インタビューの(やや中途半端な)翻訳
→ 原文は "Rory On !!" ( # 66

1979年12月号
インタビュー + 白黒写真4点(4ページ)
  interview & photo by トシ矢嶋
「シングルを出さないのは、コマーシャルなアーティストにはなりたくないからさ」
・新譜「トップ・プライオリティ」のこと
・プロモーション・ツアーをクラブレベルの会場でやる理由
・シングル「フィルビー」について
・今後、インスト・アルバムやアコースティック・アルバムのような、今までとは違うようなものも作ってみるつもりだ
・来春来日予定(→残念ながら中止に..)